ボカロゴPNG.png
HC logo simple.png
mano_square_背景白2.png
scl_logo2.png

前半アップを兼ねたトレーニングから始まり、豪華景品がもらえるカップ戦、最後にはBOCAサンタより、参加者全員にクリスマスプレゼントをプレゼント!

BOCA JUNIORS

​ボカ・ジュニアーズとは?

サッカー大国アルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズ。100年以上の歴史を誇り、主に労働者階級の国民を中心に本拠地のあるブエノスアイレスだけでなく、国中で絶大な人気を誇るアルゼンチン屈指のビッククラブ。国際タイトル獲得数では国内トップで、アルゼンチンサッカー史上1度も2部に降格したことのないクラブとしての誇りを持つ。

BOMBONERA

​サッカーの聖地

マラドーナ、リケルメ、テベスなど、アルゼンチンを代表する名プレイヤーが愛するクラブとしても有名で、ホームスタジアムの「BOMBONERA(ボンボネーラ)」は、英紙オブザーバー紙が「死ぬまでに見たい世界のスポーツイベント」ランキングで、ボンボネーラで観るボカとリーベルのスーペルクラシコ(ダービーマッチ)を堂々の1位にランクインするほど、世界のサッカーファンが憧れる「サッカーの聖地」と言われている。

​La 12

12番目の選手

12番目の選手を意味する「La 12(ラ・ドーセ)」を名乗るボカのサポーター集団は世界でも有名で、勝っても、負けても、選手達に熱い声援を送り続ける彼らの情熱は、世界中のサッカーファンのお手本となっている。ボカがホームボンボネーラで試合をする時、サポーターのジャンプでスタジアムが揺れるのを感じるが、これを「La 12(ラ・ドーセ)」は、「揺れているのではない!BOCAのハートが鼓動しているんだ!」と自慢げに語る熱い男たちだ。

La BOCA

​タンゴ発祥の地

また、本拠地ボンボネーラのあるブエノスアイレスの「La Boca(ラ・ボカ)」地区は、タンゴ発祥の地としても有名で、世界的アーティストを数々生んだアーティスティックな街並みで世界中の観光客を魅了する。

​FORMACION

選手育成

ボカ・ジュニアーズのもう一つの強みは、「育成」である。南米大陸全土にスカウトマンを送り、様々なエリアからダイヤの原石となる優秀な人材を集め、経験豊富な育成指導者の手により、毎年数々の選手を世界のトップリーグに移籍させている。

INFRAESTRUCTURA

南米屈指のトレーニングセンター

エリートが集まるボカの育成所「カサ・アマリージャ」や、近年、南米トップクラスのトレーニングセンターを設立し、指導の中身だけでなく、環境面でも世界トップ水準の育成環境を若手選手達に提供している。新しく設立されたボカのトレーニングセンターは、サッカーコート11面、人工芝コート4面、室内トレーニングルーム等も完備する最新鋭の施設。

ボカ・ジャパンとは?

2003年、「南米と日本の架け橋になる」というビジョンを抱え、1990年代から日本、アルゼンチン、パラグアイを拠点に様々な異文化交流活動をしてきたNPOフンダション・マーノ・ア・マーノとボカ・ジュニアーズの出会いがあり、誕生した任意団体。

 

日本国内でのボカ・ジュニアーズの普及活動や、サッカーを通じて日本と南米の人と人との距離を縮める為、様々な異文化交流事業を展開。

 

スタートは全国各地でボカのコーチを招へいして行うサッカー教室やアルゼンチン遠征といった活動からはじまり、「長期的視野での育成の場」が欲しいという保護者、選手たちの声に応えるため、2012年よりボカ・ジュニアーズのスクールライセンスを日本国内独占的に取得し、「将来、ボカの選手として活躍できる日本人選手」を輩出することを夢みて、サッカーを通じた国際交流だけでなく、本格的な育成事業も展開している。

  • ボカジャパン
  • Boca Japan Twitter
  • Boca Channel
  • Boca Japan Instagram